痛くない治療

くさかべ歯科医院では無痛治療をめざして様々な最新の治療機器や治療法を導入しております。

的確で安全な治療には欠かせない歯科用CTをはじめとして、歯科麻酔用電動注射器やレーザー治療装置などを用いることで「痛くない治療」をご提供することが可能となりました。

痛みの少ない麻酔をするには

注射器

歯科治療というと、どうしても「麻酔の恐怖」を思い浮かべてしまうのではないでしょうか。
麻酔の注射を歯ぐきに刺されるチクッとする感覚や麻酔が少しずつ注入されている感触。麻酔がイヤで歯科治療を避けてしまう人も少なくありません。

そのような麻酔の不安を解消させてくれるには様々な方法がありますが、くさかべ歯科医院では「歯科麻酔用電動注射器」を使って痛みの少ない麻酔を行っております。

治療にためらいを感じていらっしゃる患者さんは、是非くさかべ歯科医院においでください。

麻酔だけで無く、歯を削るときの「キーン」という音で痛みを連想してしまう患者さんに、静かな治療ができる上に痛みの無い最新のレーザー治療も行っております。

不安な方は当院までお気軽にご相談ください。

  • 表面麻酔

    麻酔で使用される注射の針が歯ぐきに刺さるとき強い痛みを感じないよう、あらかじめ歯ぐきにジェル状の「表面麻酔剤」を塗ります。

  • 細い注射針

    麻酔針を刺す痛みを軽減するために、極細の注射針を使います。
    しかし、針を細くすると、麻酔液の注入時には大きな圧力を必要とするため手動では限界があります。

  • ゆっくりと麻酔液を注入する

    一気に麻酔液を注入したり注入スピード(加圧)にムラがあると、歯ぐきが圧迫されて痛みを伴うことがあります。麻酔液はゆっくりと一定量で注入をします。

  •   

    無痛温度の麻酔液

    麻酔液は冷たいままですと、冷たさを痛み感じます。そこで無痛温度と言われる人肌温度(37℃)に暖めた麻酔液を使用します。

ページトップへもどる

進化した注射器…歯科麻酔用電動注射器

歯科麻酔用電動注射器

麻酔注射で細い針を使ったり、麻酔液を一定に注入することを人間の手で行うことはどちらも困難を要します。
そこで、くさかべ歯科医院では進化した注射器「歯科麻酔用電動注射器」を使っています。

科麻酔用電動注射器は、無痛温度に暖められた薬剤カートリッジ内の麻酔液を、細い針を使ってコンピューター制御された機械の圧力で注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が完了します。

  • 笑気ガスによる鎮静作用

    歯科治療がトラウマになっていて敏感になっている方や、どうしても歯医者を嫌がるお子様のためには「笑気ガス」を用いた治療もあります。 笑気ガスは亜酸化窒素(N2O)の俗称で、ガスの吸引によって精神を落ち着かせる(精神鎮静作用)ため、心身がリラックスして治療の恐怖心を押さえてくれます。
    ただし、妊婦さんや疾患のある方には使用できない場合がありますので事前にお申し出ください。

  • レーザー治療

    くさかべ歯科医院では最新のレーザー治療装置を導入しております。 レーザー治療装置は痛みが出ないようにコントロールして使うことのできる装置です。レーザー治療装置は「熱くないよう」「痛くないよう」安全に出力をコントロールして使うことができるため、ほんの一瞬照射されるだけなので、痛みを感じることなく終了します。

    くさかべ歯科医院のレーザー治療装置についてはこちらをご覧ください。

ページトップへもどる

dental_ct

お問い合わせ

住所
〒287-0036
千葉県香取市観音140-1
Tel
0478-55-1355
Fax
0478-50-9070
受付時間
月~金曜:8:30~18:00
休診:木曜・日曜・祝日
© 2017 Kusakabe Dental Clinic. All rights reserved.